探偵はBARにいる【映画】

観て来ました!!

大泉洋主演、ハードボイルド映画。
舞台はススキノ!!

思った以上にシリアスで
(これがハードボイルドというのかも
しれないけれど)
事件はベタでしたがその分
恐がりの私にはぴったりで
程よく楽しめました。

松田龍平とのゆったりとした
掛け合いもおもしろかったです。
これこれ、これがなきゃ~と
思いながら笑っちゃいました。
そのくせちょっと切なくなったり。

そして何より、舞台背景。
ここ、知ってる。あそこだー。
ふーん、こんな風に使われると
全然雰囲気違うな~。などと
思いながらもういたるところ見慣れた場所で
それだけでも札幌の人は一見の価値ありです^^

これだけ札幌の風景が出っぱなしの
映画は他にないかと(*^^)

観終ってススキノ方面に歩く途中
大通の建物前でぱしゃり。
画像


たった今観た映画の中で
同じ映像みてたな~。と一人ニヤニヤ。

とりあえず、お酒をバーで
飲みたくなりました♪

続編楽しみです。

星4★★★★☆

内容(「BOOK」データベースより)
いつものバーで、いつものように酒を呑んでいた「俺」は、見知らぬ女から、電話で奇妙な依頼を受けた。伝言を届け相手の反応を観察してほしいという。疑問を感じながらも依頼を果したのだが、その帰り道、何者かによって殺されそうになった。そして、ひとり調査を続けた「俺」が知ったのは依頼人と同じ名前の女が、地上げ放火ですでに殺されていたことだった。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック