虹の家のアリス

加納 朋子著
前作『螺旋階段のアリス』アリスシリーズ第2段

前作よりも楽しく読めました。
アリスの人間的な背景が
描かれてきた為じゃないかな、と
思います(*^^*)

事件自体は前作と同じく
本当のサスペンスみたいなのではなく
軽く読める、怖がりな私には
ぴったりな事件達(^o^;

優雅なティーサロンの様子を
想像していると、つい本を読みながら
紅茶とスコーンを用意したくなりました。
影響されやすいですねぇ(^^;

前作を読んだ方は是非こちらも
読んでください。
シリーズとして楽しめます♪


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック